鈴木貞一郎に施設管理を依頼|発電所の安全性を維持する方法

レディー

効率的になっている

ボタン

エレベーターのリモートコントロール

エレベーターの保守点検作業は、一昔前までは実際に現場に来て実際のエレベーターの作動状況等を確認しながら点検作業を行うのが主流でした。しかし昨今は、エレベーターのリモートコントロール点検の技術が進歩し、リモート点検を毎月実施、実地作業点検は数ヶ月に一度というようにリモートコントロールの方に点検作業の中心が移行しつつあります。リモートコントロールの場合、実際に作業員を現地に派遣する必要もありませんので人件費等の節減が図れるという企業側のメリットに加え、機械による正確な異常の検知を行うこともできます。そのため、ここ十年くらいの間に遠隔監視点検の流れは急速に進展しつつありますし、今後もさらにその傾向が顕著になるであろうことは容易に想像できます。

リモート点検作業の今後

エレベーターを遠隔監視でメンテナンスできるということはサービスを提供する側だけでなく、享受する側にとってもメリットが大きくなります。エレベーターの点検コストの低下によりメンテナンス費用を節減できる効果だけではなく従来、人為的な点検作業のためにエレベーターの利用時間の制限を行っていた場合に比べ、リモートで点検できるということはエレベーターを利用する顧客の負担を軽減する効果も生まれます。今後は、ますますリモートコントロールの技術が進歩していくでしょうし、これまでは人の作業でしか行うことのできなかった部品の交換作業等も遠隔操作で可能になるようでしょう。さらなるコストの節減効果も見込めることからサービスの担い手、享受側の双方にとってメリットとなると予測されます。